号数 作品名
第9号
H.2/3/25
平成元年 年次法要 世田谷観音
特攻平和観音経
見落とされている特攻隊の偉功 特攻で斃れた勇士鎮魂
トルコでは遺族や親族は戦没者の愛国的行為を誇りとしている
『特攻隊員、別れのピアノ演奏』
特攻の精神ー美しくやがて悲しきー
万世(よろずよ)に祈る
富嶽隊員の遺稿集を拝読して
第8号
平成元年/9/23
特別攻撃隊の英霊に捧げる アンドレ・マルローの言葉
第十一回特攻隊合同慰霊祭に参列して
平成の御代に昭和特攻を想う
陸軍航空特攻戦没者名簿にのらなかった特攻隊員
国を思う心ー小泉信三講演集よりー(承前)
第7号
別冊
沖縄に散ったある一期生の戦記
第7号
平成元年/3/26
悠久の大義に散華した特攻魂を讃える
第37回特攻平和観音年次法要
奇蹟 の生還 柴田信也氏の遺稿より
国を思う心
幻の特攻隊ー手記「わが青春に悔いなし」よりー
航空特攻偶感
第6号
S.63/3/27
第10回特攻隊合同慰霊祭
特攻平和観音年次法要
各地区、各隊の慰霊祭、法要
尾翼の富士山
比島リンガエンに於ける●の死闘 (●は○の中にレ)
海軍航空特攻の追想
沖縄に突入した義烈空艇隊とともに散華した特操一・三期生
終戦秘話
第5号
S.62/9/23

第9回特攻隊合同慰霊祭
知覧鎮魂の賦
陶壁『知覧鎮魂』を拝し
陶壁『知覧鎮魂』に寄せて
知覧平和記念館にて詠む
悲しき因縁 第八十一振武隊
石腸特攻隊
少候22期 国華隊長 渋谷大尉の遺書
と号第三五飛行隊
九段の思い出
忠臣蔵と睦賢大僧正
丸田理事長を偲んで

第4号
S.62/2月
第35回世田谷特攻平和観音年次法要
祭文
追悼のことば
追悼の辞
特別攻撃隊の頌 考
特攻隊慰霊顕彰会 設立運動の大要
海軍特攻のあらまし
霊安かれ特攻隊員
年寄の独り言
月例法要
浦安の国
悲しき命
特別攻撃隊を讃う
特攻兵士の江差追分
第3号 特別攻撃隊の頌
第八回特攻隊合同慰霊祭
第32回知覧特攻慰霊祭
追悼の言葉 ーそらみつ知覧ー
特潜碑顕彰祭例祭
富嶽隊遺稿集より
特攻隊長を命ぜらる
特別攻撃隊の英霊に捧げる アンドレ・マルローの言葉
フィリピンルソン島 イリサンの戦車特攻
水中特攻兵器
世田谷観音寺の素描
第2号
S.59/9/23
特攻隊合同慰霊祭
知覧特攻隊追悼の詞
三十八年目の「特攻」
~出撃 特攻機を病室の窓から見送った男が遂に飛び立った
カミカゼの神話
第1号
S.59
特攻平和観音の由来
世田谷山観音寺に世界平和の鐘なりひゞく
第10号~第19号
Copyright © 2001 特攻隊戦没者慰霊顕彰会 All Rights Reserved.