号数 作品名
第29号
H.8/11月
特攻平和観音の由来
靖国神社みたま祭
八月十五日の靖国神社
マリアナB-29の基地に対する陸海軍の経空攻撃(3)
知覧高女なでしこ会編 「知覧特攻基地」より(3)
本土上空の特攻 B-29に対する体当たり(1) (成都発進のもの)
敵大型爆撃機に対し零戦の体当たり
第28号
H.8/8月
マリアナB-29の基地に対する陸海軍の経空攻撃(2)
特攻隊員の心
知覧高女なでしこ会編 「知覧特攻基地」より(2)
英霊にこたえる会の総会に因んで
人間魚雷「回天」特攻隊員の出撃日記
第50振武出撃時の模様
寺崎名誉会長のご逝去
寺崎隆治名誉会長をしのぶ
「特攻隊史研究の一視点」に関して
第27号
H.8/4月
靖国神社公式参拝は何故行なわれないのか
特集 特操2期 わが青春の日
手紙
特別攻撃飛行隊員の本音
八日市・鉾田から那須野まで
回想・折鶴戦闘隊
調布飛行場-終戦まで-
知覧特攻会館へ奉納する仏像
特攻隊員の母の手記
海上挺進特別研究部の創設
英霊は語る
B-29の基地マリアナに対する陸海軍の経空攻撃(1)
第26号
H.8/2月
特集 特操2期 特別操縦見習士官特操2期
戦没者遺稿
平原太郎君のことについて
沖縄 回想
特攻基地・万世
出撃の前夜
台湾からの特攻
内地からの特攻
レイテ空挺作戦のタクロバン特攻で散った榊原大尉と
延岡高女女生徒との物語 (続編)
山口宗之研究報告 特攻隊史研究の一視点
米軍の“記憶”、特攻生還に光
50年前の資料からの救助の真相を知る
再び岡部三郎君のことについて
前橋高等女学校へ届けられた特攻隊員の手記
大日本青年航空団とは
第25号
H.7/11月
B-29に体当たり 震天制空隊
知覧高女なでしこ会編 「知覧特攻基地」より(1)
常軌を逸した戦後50年の国会決議
戦没者追悼式における 村山首相の式辞
レイテ空挺作戦のタクロバン特攻で散った榊原大尉と
延岡高女女生徒との物語
宝塚聖天英霊礼拝堂 「大光明殿」縁起
会員の画伯達の活躍
第9回戦没者追悼中央国民集会
第24号
H.7/8月

在庫なし
第一神風攻撃隊 敷島隊の軍神
慶良間海峡 海と空の戦い
殉国沖縄学徒顕彰50年祭
記憶に残る万朶隊のこと
八紘第八隊勤皇隊員として(2式双襲) 「少年飛行兵第13期生の歩み」より抜粋
旭光隊(99双軽)の攻撃
青航1期生岡部三郎君特攻出撃のこと
追憶 久住 宏君
特攻殉国の碑
解説・特別攻撃隊 「オールネービー」より転載
海軍特攻機に搭乗し対航空機体当たり攻撃を敢行し、
その功顕著なりと連合艦隊布告による2階級特別進級者
甲種幹部候補生(操縦)と特攻戦死者の調査
アジア共生の祭典
高野山に建立された昭和殉難者の碑
まだほかにもある昭和殉難者の碑
殉難者の遺詠
昭和殉難者遺言集を見て吉田松陰言行録を再読す
第23号
H.7/5月
回天制空隊 特集
大東亜戦争忠魂顕彰50年祭
大東亜戦争開戦記念日の認識
特攻基地徳之島に空中補給に出撃す
義烈空挺隊の健軍飛行場出発を見送った第1挺進団長中村大佐の手記
第22号
H.7/2月
沖縄航空特攻戦
往時の新聞記事に見る特攻隊
後の世に史実を伝える為に銅版に刻んだ碑文を設置
人間魚雷「回天」(続)
高砂族兵士の特攻隊 薫空挺隊
高千穂降下部隊を讃える歌
特攻扱いされていない特攻隊 
高千穂部隊のタクロバン・ドラック攻撃隊
第21号
H.6/11月
 

海上挺進戦隊レ奮戦の油絵奉納
学徒出陣回想
不運つづの出撃に号泣す 誠だ第114特攻戦記
人間魚雷 「回天」
回天碑の碑文
特攻基地第二国分の記 「白雲にのりて君還りませ」より
慰霊顕彰行事は戦後生まれの手で
空挺部隊英霊の遺した歌三首と遺族の詠んだ歌三首

第20号
H.6/8月
「特別攻撃隊」第三部顕彰譜 補遺
鹿屋 加世田 沖縄摩文仁 硫黄島その他
B-29に体当たりした人々 ー小月会提供の資料よりー
ー 陸士56期生追悼録「礎」よりー
特攻隊員指名は命令か志願か ー陸軍挺進部隊の場合ー
誠第114飛行隊(二式双襲)の編成から突入まで
誠32飛行隊の沖縄到着と突入
第10号~第19号 第30号~第39号
Copyright © 2001 特攻隊戦没者慰霊顕彰会 All Rights Reserved.