フィリピン特攻基地慰霊巡拝の参加者募集

(財)特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会として、数年ぶりに比島特攻基地等の慰霊巡拝旅行を計画しております。参加を希望される方は人数の制限もありますので、下記の特攻協会事務局に電話、FAX又はメール等にてお申し込みください。

なお、当協会の会員以外の方の参加も受け付けていますので事務局までお問い合わせ下さい。

電 話 03-5730-1016
F A X 03-5730-1017
メールアドレス skk @ tokkotai.or.jp

巡拝旅行の細部は別表「旅行日程表」の通りとなっていますが、現地での宿泊は2~3名1室で企画されており、現地での食事代及び往復航空費用並びに現地での移動バス・航空機費用等は含まれていますが、個人で使用される電話・飲食代は別途必要となります。
慰霊祭当日の献花、玉串料、各地での祭祀費用等につきましては当協会が負担させて戴く予定としています。

なお、上記のように当協会にて受け付けていますが、旅行に関するお世話は「㈱かもめ・かもめツアー」にお願いしますので、細部は下記で確認して下さい。

電 話 03-3506-0747
F A X 03-3506-8536

以上の企画ですが、個人負担の費用は一人当たり約19万円程度の予定となっています。

この慰霊祭が実施されるこの10月25日は、海軍の関大尉等が敷島隊等を結成して、最初に特攻の命を受けて飛び立った日であり、この日を命日にしてフィリピンの現地では毎年欠かさず厳粛に慰霊祭が執行されており、日本からも多くの方々がこの慰霊祭に参加されています。

誠意ある現地の方々の心に応えるためにも、この慰霊巡拝旅行を通じて亡き英霊の御霊顕彰の慰霊祭に参加される事を、当協会として心よりお待ち申しております。

番号 日 付 都 市 交通機関 時 間 行 程 食 事
1 10月24日
(土曜日)
成田発
マニラ着
PR-431
09:30
13:10
フィリピン航空にて空路マニラへ
マニラ到着・通関後、バスにてクラークへ
<途中、在日本大使館表敬訪問
マバラカット市長表敬訪問>
※クラーク泊
朝: -
昼: 機 内
夕: ホテル
2 10月25日
(日曜日)
     
クラーク(リリーヒル)の慰霊祭
西・東飛行場の慰霊碑参拝
1航艦司令部の住居、関大尉以下の宿舎であった住居見学
大西軍司令部隊跡(大西神社)
MR.ディソン宅表敬訪問
※マニラ泊
朝: ホテル
昼: 市 内
夕: 市 内
3 10月26日
(月曜日)
マニラ発
バコロド着
PR-133
09:15
10:35
国内線でネグロス島、バコロドへ
バコロド着
タリサイ、シライ、ビクトリアス
マナプラ、ファブリカ
サガイ市庁舎(市長に表敬)
ファブリカ及びロザリオハイツ
記念碑前で慰霊祭
※バコロド泊
朝: ホテル
昼: 市 内
夕: 市 内
4 10月27日
(火曜日)
バコロド発
セブ着
 
セブ
オルモック

 

 

5J125
 
 
高速船
 
09:30
10:10
 
16:40
19:10
国内線でセブへ セブ着
セブ島慰霊巡礼(病院跡、セブ観音)
 
高速船で、レイテ島オルモックへ
オルモック着 ホテルへ
※オルモック泊
朝: ホテル
昼: 市 内
夕: 市 内
5 10月28日
(水曜日)
 
 
 
タクロバン発
マニラ着
 
 
 
5J654
 
 
 
 
16:30
17:45
レイテ島慰霊巡礼
<オルモック、リエン、ダガミ、
ブラウエン、ドラグ、タクロバン>
国内線でマニラへ
マニラ着後 ホテルへ
※マニラ泊
朝: ホテル
昼: 市 内
夕: 市 内
6 10月29日
(木曜日)
 
 
マニラ発
成田着

 

 
 
PR-432
 
 
 
14:55
20:10
午前 モンテンルパを参拝後、マニラ空港へ
 
フィリピン航空にて帰国の途へ
到着通関後、解散。
朝: ホテル
昼: -
夕: 機 内
Copyright © 2001 特攻隊戦没者慰霊顕彰会 All Rights Reserved.