桶川飛行学校見学会等のご案内

旧陸軍桶川飛行学校見学会及び埼玉縣護国神社特攻勇士之像慰霊祭参列

 木造建築で全国唯一現存する旧陸軍熊谷陸軍飛行学校桶川分教場の建物群である。
 戦時中、多くの飛行兵を養成して戦場に送り、昭和20年2月からは旧陸軍の特攻隊「振武隊」の訓練施設になり鹿児島・知覧の出撃基地から飛び立ち多くが戦死された。
 この跡地には、飛行学校の本部兵舎棟や守衛所・車庫など木造4棟とコンクリート造りの弾薬庫が残る。特に、兵舎は戦時中にタイムスリップしたような景観である。
 当顕彰会の臼田智子理事の実父伍井芳夫中佐は、この桶川分教場の教官でありながら特攻を志願し、32歳で妻子4人を残して散華したのである。(臼田理事も当日参加)
 今回、戦争の記憶を未来へつなぐ遺産として貴重な建物群の見学会を下記の通り企画しましたので、この見学会等へ参加希望される方は9月末までに下記事務局まで連絡し申し込んで下さい。
 行動の概要としては、最初に埼玉懸護国神社に集合して特攻勇士之像の慰霊祭に参列、護国神社内の社務所2階にて直会を行い、その後桶川飛行学校の見学に向かいます。

実施年月  平成27年10月31日(土)
集合時間  午前11時 埼玉縣護国神社
参加会費  3,000円(昼食代・資料代・桶川からの交通費等、当日徴収)
申込・連絡先  (顕彰会事務局) TEL 03-5213-4594






Copyright © 2001 特攻隊戦没者慰霊顕彰会 All Rights Reserved.