顕彰会沿革

平成28年7月
藤田幸生氏が理事長に就任。杉山蕃氏は会長へ
平成24年04月
事務所を千代田区九段北3-1-1靖國神社遊就館内へ移転
平成23年7月
杉山蕃氏が理事長(顕彰会代表)に就任。山本卓眞氏は名誉会長へ
平成23年01月
公益財団法人特攻隊戦没者慰霊顕彰会に移行
平成20年04月
事務所を港区虎ノ門第6森ビルから港区芝2丁目のTAビルへ移転
平成16年04月
山本卓眞氏が会長に就任、瀬島会長(平成19年9月逝去)は名誉会長へ
平成14年12月
基本財産2億5千万円
平成06年03月
全国特攻隊戦没者追悼式を千鳥が淵墓苑で挙行。同日設立総会を九段会館で開催
平成05年11月
財団法人特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会を設立
平成04年05月
竹田恒徳会長がご逝去され、瀬島龍三氏が会長に就任
昭和57年09月
特攻隊の慰霊顕彰事業を、特攻平和観音の法要の他にも幅広く執り行うことが緊要であるとの意見が出て、竹田恒徳元宮様を新たに会長にお迎えし,会名も特攻隊慰霊顕彰会として全国的な組織に拡大
昭和31年05月
同寺内に華頂宮家遺愛の持念仏堂を移築し、特攻平和観音を遷座し、落慶法要を厳修した。以後毎年秋分の日(9月23日)に、浅草寺一山式衆のもと厳粛盛大に年次法要を実施
昭和27年05月
元海軍大将 及川古志郎、同 高橋三吉、元陸軍大将 河辺正三、元陸軍中将 菅原道大、元海軍中将 寺岡謹平等の諸氏が発起人となり,特攻平和観音像が造立され、音羽の護国寺で東久邇元宮様のご臨席もと開眼供養を厳粛盛大に挙行、昭和28年世田谷山観音寺に奉遷され、特攻平和観音奉賛会を設立
Copyright © 2001 特攻隊戦没者慰霊顕彰会 All Rights Reserved.